<< 杜のうたごえ一覧へ

新年のご挨拶

古正寺の杜は常に“年齢を重ねることが楽しく誇り高い”ことと 皆様に感じていただける場所でありたいと願います。 今年も心穏やかなゆとりある暮らしを営んでいただけるよう努めてまいります。

代表取締役 村上 啓一

 明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願い申し上げます。
 さて、昨年を振り返りますと、新天皇陛下御即位の行事やラグビーワールドカップでの日本代表チームの活躍等、心躍る出来事がありましたが、私は何故か、10月の豪雨災害に、県北の地震、更に新潟市で起こった女児殺害事件等、悲しい出来事を先に思い浮かべてしまいました。自分ではそれ程ネガティブな性格ではないと思っていたのですが、もっと良いことに心を向けるよう、意識改革の必要を感じた次第です。
 今年は56年振りに日本で開催される東京オリンピック・パラリンピックというビッグイベントがあります。日本人選手の活躍は勿論、世界のトップアスリートの活躍に興奮し、自らのエネルギーに替えていきたいと今から期待しています。ご入居の皆様と一喜一憂しながら、決してネガティブなニュースに上書きされないように気を付けながら。
 末筆ながら、皆様の御多幸をお祈り申し上げます。

総支配人 高野 隆芳

 明けましておめでとうございます。皆さまにはお健やかに新春をお迎えのこととお喜び申し上げます。
 令和の時代の幕開けとなった昨年は、新天皇陛下のご即位に伴う慶祝行事やラグビーワールドカップなどが私たちに多くの感動を与えてくれました。
 歳をとったせいでしょうか、感動するとすぐ泣いてしまう最近の私にとって、昨年はたくさん涙を流した一年になりましたが、一節によると、泣くことによって、ストレスの元になるホルモンが体の外に排出され、「ストレスが軽減される」のだそうです。毎朝ご挨拶させていただく際に皆様からいただく素敵な笑顔とともに、私の大切な健康法となっているようです。
 今年はいよいよ東京オリンピック・パラリンピック、またお客様と一緒に感動を分かち合えたら素敵だなと思っています。
 古正寺の杜は今年16年目を迎えます。新たな年もスタッフ一同、よりよいホームづくりに取り組んでまいります。本年もより一層のご支援、ご指導の程よろしくお願い申し上げます。

アクティビティー

忘年会

 今年の忘年会は「お刺身盛り合わせ・ちらし寿司・天ぷら盛り合わせ・角煮・茶わん蒸し・プリンアラモードと、豪華なご馳走となりました。そしてメインイベントは大漁旗をバックに催された「佐渡の寒ブリ解体ショー」。旬の食材を前に料理人の見事な包丁さばきを、お客様・スタッフともに見とれてしまいました!後半のカラオケ大会は、予定していた歌に加え「俺も歌う」・「私にも歌わせて」と何曲もリクエストが入り、お客様もみんなで声を揃えて手拍子をしながら歌いました。美味しい料理に美味しいお酒!令和元年を締めくくる素敵な忘年会となりました。

Xmasツリー点灯式&ジャズピアノコンサート

 サンタクロースやトナカイ、神父様の衣装に身を包んだ大勢のお客様がエントランスに集まり「クリスマスツリー点灯式&ジャズピアノコンサート」が開催されました。水口かずみさんをお招きし開かれたジャズピアノコンサートでは、素敵なジャズ演奏だけでなく、お客様からリクエストのあった「北国の春」や「聖者の行進」も弾いていただき全員で大合唱。点灯式では、「3、2、1」のカウントダウンと共にシャンパンを片手に『乾杯!』。光輝くクリスマスツリーを指差され「星がきらきら輝いているね〜」と、皆さまも瞳を輝かせ楽しまれておられました。

食彩記

●深川飯 ●お吸い物 ●柳川鍋風 ●江戸野菜の和え物 ●デザート

東京都郷土食 2月21日(金)実施予定

◆深川飯
 深川飯は元々、深川の漁師たちが漁の合間に手早く食べられる料理としてうまれたものです。 漁で穫れた新鮮なあさりやアオヤギなどを味噌汁と一緒に煮込み、ごはんにかけて食べていたのがぶっかけタイプの起源です。 それにヒントを得て、木場などで働く職人が弁当用にアレンジしたのが、炊き込みタイプの始まりだと言われています。今回はアサリ、ねぎ、油揚げが入っている炊き込み御飯で提供いたします。

◆柳川鍋風
 江戸時代から庶民に親しまれた下町生まれのどじょう料理です。どじょうは古くから関東地方の名産でした。柳川鍋は土鍋にどじょうと笹がきごぼうを割り下で煮込み、あっさりと淡白などじょうに、甘い割り下がよく絡む鍋料理です。今回はどじょうの代わりに、こちらも東京都の特産といわれるアナゴで作った柳川鍋風でお召し上がりください。

◆江戸野菜の和え物
 江戸野菜とは、現在は江戸東京野菜と呼ばれ、江戸から昭和40年頃(1965)にかけて現在の東京周辺でつくられていた、伝統野菜のことです。江戸時代から人々の食生活を支えてきた江戸東京野菜ですが、農地の減少のほか、収穫量が少なく栽培に手間がかかるということもあり、一時は、その姿が食卓から消えつつありました。しかし、今日まで引き継がれてきた命を絶やしてはいけないと、今、これらの伝統野菜を普及させようという活動が広がっています。代表的な野菜はきゅうりやなす、かぶ、人参、大根等があげられます。




    ご入居案内

  • ご入居の条件
  • ご入居までの流れ
  • フロア案内
  • ご利用料金
  • 介護サービス等の一覧
  • 提携先医療期間