<< 杜のうたごえ一覧へ

アクティビティー

ひなまつり甘酒喫茶

 毎年、2月〜3月にかけて、エントランスに大きな雛人形を飾りつけている事をご存知ですか?今年も2月8日に飾りつけを行いました。そして、3月3日の桃の節句には「ひなまつり甘酒喫茶」を開催。お客様は雛人形を見ながらの甘酒と雛あられに舌鼓を打たれ、会話も弾んでいらっしゃいました。今回のひなまつりのイベントがスマイル委員会今年度最後のイベントとなります。この一年間スマイル委員総出でイベントを立案し、開催しましたが、お客様に楽しんで頂けていたら幸いです。来年度はイベントの内容・種類が変更されるかもしれませんが、本年度同様にお客様に楽しんで頂けるようなイベントを考えていきますのでご期待ください。

平成27年度スマイル委員長 小林 利彰

節分 〜豆まき〜

 2016年初めての古正寺茶房。新年を迎えてご用意したのは、長岡の老舗和菓子屋「紅屋重正」のお菓子です。数種類の中からお好みのものを選んでいただき、「和」を感じるお菓子にしばらく手を付けず観賞される方が多く見られました。
 今回も大勢のお客様がご参加くださり、スタッフとの会話も弾み新年の楽しい時間を過ごすことが出来ました。

食彩記

コンセプトメニュー「清明」
4月4日(日)実施予定

●彩りゆかりおこわ ●春のかき揚〜桜餡とともに〜
●茶そば抹茶酢和え ●山椒香つみれ汁 ●杏仁の蜜柑ジュレ

 昨年より行ってきたコンセプトメニュー二十四節気シリーズの第2弾となります。二十四節気は太陽の動きをもとに季節を分ける方法で、1太陽年を365日で、それを24等分することから呼ばれています。今回は、その二十四節気の中の「清明」をイメージした料理です。天地がすがすがしく明るい空気に満ちる季節とされ、この時期に吹く穏やかな南東の風の事を「清明風」といい、春の訪れを告げる風です。
 主食の「彩ゆかりおこわ」は、清明の後半頃が、雨の後に虹が出始める頃と言われることから、虹をイメージした色とりどりの変わりおこわです。主菜の「春のかき揚〜桜餡とともに〜」は、春風によって桜の花びらが舞い散る様子をイメージしています。副菜の「茶そば抹茶酢和え」は、中国でこの時期に摘むお茶が香りと甘味があるとされることからお茶を使った料理をご用意いたしました。「山椒香つみれ汁」は、山椒が芽吹く時期であることから、山椒の風味を楽しんで頂けるお吸い物となっています。デザートは「杏仁の蜜柑ジュレ」です。春はアクの強い食材が多いので、お口直しになるような蜜柑を使った、さっぱりとしたデザートをご用意致しました。どうぞごゆっくりお召し上がりください。

スタッフ紹介

アテンド係 具志堅久仁子

3・5階を担当している具志堅久仁子と申します。皆様から「具志堅用高さんと親戚?」「強そうだね」等とよく聞かれます。私は、生まれも育ちも三島町でガーガー弁も得意です(笑)嫁入りして、今の苗字になりました。珍しい苗字の為、初対面で話のきっかけになり、輪が広がりやすいです。今は3歳児の母で子育てと家事、仕事で奮闘中の毎日です。経験豊富な皆様からアドバイスを頂き、日々頑張りたいと思います。

看護係 高波 葵

皆さま初めまして。昨年10月に入社し3・5階の看護係をさせていただいております高波葵と申します。こちらでお世話になる前は、三条市内の病院で病棟に勤務しておりました。私は燕市出身で長岡での冬は今年が初めてで、雪の多さにビックリしました。至らないところがたくさんあると思いますが、今後ともよろしくお願いいたします。

    ご入居案内

  • ご入居の条件
  • ご入居までの流れ
  • フロア案内
  • ご利用料金
  • 介護サービス等の一覧
  • 提携先医療期間