<< 杜のうたごえ一覧へ

アクティビティー

男子会

 6月12日、別館にて男子会バーベキューを行いました。年に数回、男性のお客様と男性スタッフによる男子会を開催しており、今回はお客様13名からご参加いただきました。生ビールに冷酒も準備し、料理はお刺身から始まりました。スタッフお手製の舟盛りもあり、お客様も大喜びでした。またバーベキューでは最高級のお肉・エビ・ホタテ・鮭・焼きそば・栃尾の油揚げなどもあり、たくさんのご馳走にご満足いただけたようです。途中で、お客様から手品のお披露目もあり、スタッフも共に楽しいひとときを過ごすことが出来ました。

香りのばらまつり

 6月1日〜5日の5日間、毎年恒例の丘陵公園の「香りのばらまつり」に45名のお客様がお出掛けしてきました。連日お天気に恵まれ、暑い位でしたが、色とりどりのバラを観ながら、香りや季節を感じていただけたのではないかと思っております。また、皆様が楽しみにされていた、バラソフトを召し上がりながら、お客様同士の交流も深めていただく事ができました。
 今後もさまざまな外出や活動の機会を設け、お客様に楽しいひとときを過ごしていただきたいと思っております。

食彩記

長野県郷土食
8月26日(日)実施予定

  くるみのおはぎは、日本一のくるみの産地、長野県東御市で作られている郷土食です。長野県の東信地方では、家の周りにくるみの木を植え、冬の脂肪分の補給用にと多く使われていたため、おはぎにも当たり前のように使用されています。
 おぶっこは、長野市中条地区で有名な「おぶっこみ」「ぶっこみ」とも呼ばれる季節の野菜を何でも鍋にぶち込み煮込んだ味噌煮込みうどんです。まな板に「ぶって」鍋に「ぶっこんだ」のが名前の由来と言われています。
 鶏肉の山賊焼きは長野県松本地方で広まったもので、鶏のもも肉をにんにくを効かせてタレに漬け込み片栗粉をまぶして揚げたものです。名前には「焼き」とありますが、実際は「揚げる」料理です。名前の由来には、「山賊は物を取り上げる=鶏揚げる」と語呂を合わせたとする説があります。
 かぼちゃ豆腐に使用する寒天は、寒さが厳しく、空の乾いている諏訪地方の農家の副業として伝えられ、角寒天というユニークな形態を作り、気候風土を活かした地場産業として注目されてきました。かぼちゃ豆腐はこの寒天を利用し、季節の野菜であるかぼちゃを豆腐に見立てたお料理です。

スタッフ紹介

アテンド係 黒田清美

昨年の10月に入社し、3・5階を担当させて頂いています。私の趣味は、園芸・野菜栽培です。毎年畑は、失敗の繰り返しながら頑張って楽しんでいます。まるで畑は、人生のようですが、自分で栽培した野菜の味は格別です。これからも力を入れて楽しみたいと思っています。園芸・畑の話を沢山して楽しみましょう。いろいろなご指導を宜しくお願いします。

アテンド係山下杏奈

今年の1月に入社し、2・4階にてお世話になっています。入社して半年、全ての事においてまだまだ未熟で日々勉強中ですが、いつも優しく明るい先輩方に囲まれ、楽しく仕事をさせて頂いております。私は人の笑顔が大好きで、お客様の笑顔にいつも元気をもらっています。私も笑顔で元気を与えられるような存在になりたいです。見かけた時はいつでも気軽にお声かけください。

    ご入居案内

  • ご入居の条件
  • ご入居までの流れ
  • フロア案内
  • ご利用料金
  • 介護サービス等の一覧
  • 提携先医療期間