<< 杜のうたごえ一覧へ

アクティビティー

バーベキュー

 6月25日、別館でスペシャルケアフロアのお客様対象に、バーベキューを行いました。スペシャルケアフロアでは、お客様自ら調理を楽しんでいただいたり、ランチを兼ねた外出、アロマ、折り紙、水習字、カラオケ等、お一人お一人の経験や趣味に合わせた様々なアクティビティを実施しています。今回のバーベキューはその一環で、食べる事はもちろん、雰囲気も味わっていただき、食材を切る人・外で焼く人・焼き上がるお肉を心待ちにされる人(笑)と分かれ、普段味わうことの出来ないひとときを楽しんでいただきました。
 「笑顔」は食欲も刺激するようで、たくさんご用意したお肉は、瞬く間に完売!焼きそば・野菜・シーフード・スイカまで、皆さま旬の食材を堪能されました。季節を感じ、食を楽しみ、私たちスタッフもお客様と楽しい時間をご一緒させていただいています。

古正寺茶房

 毎月恒例の「古正寺茶房」。今回は「涼」をテーマに江口だんごさんの「小倉杏仁」をご用意いたしました。暑い日が続いていますので、当日は想像以上のたくさんのお客様においでいただき、用意した「小倉杏仁」はあっという間に品切れ状態…。慌てて追加を行い、何とか参加された方々全員にご提供することが出来ました。
 この日は天候も良かった為、パティオにも席を設け皆さまに楽しいお時間を過ごしていただきました。紫陽花が咲き始めた中で「美味しいね」とあちらこちらから声が聞こえ、笑顔の花も満開でした。

食彩記

沖縄県郷土食 8月27日(水)実施予定

●ジューシー ●沖縄風天ぷら ●人参しりしり ●ゴーヤの浅漬け ●アーサー汁

 今年度は、食事を通してそれぞれの季節を感じて頂けるよう、「二十四節気」をテーマに1年間、お料理をお届けしてまいります。

 気温が高い沖縄県では、食品が傷みやすいことから、食材を長持ちさせる、安全に食べる、という点に着目し、油を使った炒め物や揚げ物、煮物が主流となっています。
 「ジューシー」は豚肉や野菜を具材とし、ラードやマーガリンを加えて炊き込む沖縄風炊き込みご飯。濃厚な味わいで、ピラフやチャーハンに似ています。
 「沖縄風天ぷら」はサクサクとした薄い衣でなく、厚い衣であることが特徴です。塩味が効いている為、冷めても美味しく、沖縄では天ぷらはおやつ感覚で食べられています。
 「人参しりしり」は人参をスライサーですりおろし卵やコンビーフと一緒に炒めたお料理です。「しりしり」とは「すりおろすこと」また、スライサーをつかうときの「すりすり」とした感触からこの名がついたとも言われています。
 沖縄ではあおさのことを「アーサー」と呼びます。お祝いの席では欠かせない料理で、アーサーと豆腐などを具材に、かつおだしと塩・コショウなどで味付けをします。アーサー汁は、味噌を使わないのが特徴です。
 沖縄を代表する食材には「ゴーヤ」があります。強いにがみが特徴で、薄切りにし、塩もみや水で流す、ゆでる、などの調理で苦味が弱まり食べ易くなります。ゴーヤの食べ方には様々ありますが、今回はさっぱりといただける「浅漬け」にしてお届けします。

スタッフ紹介

アテンド係 原 和香菜

3・5階を担当させて頂いております、原和香菜と申します。昨年の10月から古正寺の杜で勤務させて頂いております。ようやく仕事に慣れてきたところですがまだまだ失敗も多く、毎日が勉強だと感じております。先輩スタッフはもちろんの事、お客様からも様々な事を教えて頂いております。古正寺の杜のスタッフの中では最年少ですが、たくさん勉強しお客様に信頼されるスタッフになりたいと思います。宜しくお願いいたします。

アテンド係 八木 覚

はじめまして4月よりお世話になっております、八木覚と申します。介護の仕事に就いてから2年半が経ち、現在はこの仕事に誇りを持てるようになりました。これからは自己研鑽を怠らず、お客様に満足して頂けるために実直に取り組んでいきますのでどうぞよろしくお願いいたします。

    ご入居案内

  • ご入居の条件
  • ご入居までの流れ
  • フロア案内
  • ご利用料金
  • 介護サービス等の一覧
  • 提携先医療期間