<< 杜のうたごえ一覧へ

アクティビティー

10月29日(火) お客様日帰り旅行 〜富山・ますのすしミュージアム〜

 年に一度の大イベント「お客様日帰り旅行」。今回は初めて旅行説明会を開催し、ご要望を伺い計画を立案。いよいよ当日!バスガイドさんの案内で旅の始まりです。車内はカラオケ大会で盛り上がりながら、バスに揺られて目的地「ますのすしミュージアム」に到着。貴重な展示品や「ますのすしの製造ライン」を見学した後は、いよいよお食事!出来立てのますのすしに、「美味しい。」「これを食べに来たんだ。」など嬉しいお言葉を頂きました。天候もよく、とても楽しい旅になりました。「来年はどこに連れて行ってくれるの?」と、すでにそんなお話も!ご参加頂きました14名の皆さま、有難うございました。

畑の女神様

 古正寺の杜には、今年、丘を切り崩し誕生した畑があります。未だ、畑の名前募集中ですが…。 この畑は、今年とてもいい仕事をしました!夏には、毎日30本も収穫するほどのきゅうりが。そのまま味噌をつけたり、浅漬け、きゅうりもみにと、様々に形を変え、お腹の中へ。新鮮で美味しいと好評でした。お盆すぎには、実をぷっくりとつけた枝豆を朝取りし、湯でたての香りの良い状態で、召し上がって頂きました。そして、秋には、里芋とさつま芋の収穫!掘ってみるまで、不安でいっぱいなスタッフでしたが、掘り進めると、出てくる出てくる!想像以上の大収穫に、お客様の歓声があがりました。今年は、本当に出来すぎです!畑に女神様でもいるのかな(*^_^*) 11月上旬。秋の収穫祭です。里芋をたっぷり使ったきのこ汁と、新米のさつま芋ご飯。皆様「美味しい美味しい」と召し上がって頂きました。 この畑、皆様を笑顔に出来ます!来年の活躍を期待して…。

食彩記

北海道郷土食 11月26日(火)実施予定

●赤飯
●オハウ(具の沢山入った汁)
●ラム肉のチャンチャン焼き
●芋もち
●松前漬け

 北海道には、甘納豆を赤飯に入れる風習があります。しかし、赤飯に甘納豆が入る地域は限られており、道央圏が主で、釧路・根室などの道東や稚内などの道北、函館などの道南は入りません。 「チャンチャン焼き」と言えば、本来は北海道名物の鮭などの魚と野菜を鉄板で焼いた、北海道漁師町の料理です。今回は、同じく北海道名物のラム肉を使用したチャンチャン焼きをお届け致します。北海道では、明治時代から肉用を含めた綿羊の飼育が行われており、1924年の時点で全国の42.7%が飼育される最大の飼育地となっていましたが、マトン(成羊)やラム(子羊肉)が一般に普及したのは第2次世界大戦後のことと言われています。2004年には北海道の世界遺産の1つに、2007年には農林水産省の主催で選定された郷土料理百選で北海道の郷土料理に選定されています。 獣肉や魚肉、山菜、野菜を鉄鍋で煮込んだ汁物をアイヌ語で「オハウ」と言います。単なるスープに留まらず、鍋料理といわれるほどの具沢山の汁物で、「主食」が存在しない狩猟・漁労民族であるアイヌの食生活の中心をなす料理でした。現在の石狩鍋、三平汁の起源とも言われています。 「芋もち」は、北海道では定番メニューと言えるくらい、おなじみのジャガイモ料理で、おやつとしても、居酒屋メニューとしても親しまれています。

スタッフ紹介

アテンド係 廣川貴雄

 皆様こんにちは。主に3・5階を担当させて頂いております廣川貴雄と申します。今年も残すところ1ヵ月半となり、また寒い冬がやってきます。私はそんな真冬にする魚釣りを趣味の1つとしております。年間を通し、1番美味しい時季でもあるその魚はシーバスと呼ばれるスズキです。皆様ご存知でしょうか?お刺身に焼き物、汁物にと、様々な調理法があります。勿論、自分でサバキ調理もします。でも、今は育児もあり、なかなか釣りにも行けませんが、いつの日か子供達を連れ、釣りに行ける日を楽しみにしています。寒い季節となりますが、皆様、体調を崩されませんように。今後とも宜しくお願い致します。

看護係 小林英子

 こんにちは、看護係で主に2・4階フロアを担当させて頂いております小林英子と申します。入職して、もう少しで3年になります。振り返ると、総合病院でのお客様との関わり方の違いや生活を支える看護に戸惑い、試行錯誤の日々でした。お客様と接していると、自分はまだまだ未熟者だと感じる事や、気付かせていただく事も多々ありました。私一人の力は小さいですが、これからも看護、アテンドスタッフと共にお客様の安心を支えていけたらと思います。


    ご入居案内

  • ご入居の条件
  • ご入居までの流れ
  • フロア案内
  • ご利用料金
  • 介護サービス等の一覧
  • 提携先医療期間