今私は、次の事業のことを考えています。まだ夢の域ではありますが、それは"シニアビレッジ"です。

 広い敷地には農場もあり、食堂やお風呂、看護師が常駐する健康相談室、そして売店まで備えたセンターハウスを中心に、それを取り囲むように4百名が生活できる"シニアハウス(高齢者用アパート)"が何棟も建っている。
1戸建ても欲しいですね。それに30名程度入居できる"介護付有料老人ホーム"と認知症の方のための"グループホーム"も…。"シニアハウス"に住む人たちは元気な高齢者で、施設の中で働くことができる。例えば、農場で野菜づくり、センターハウスでの調理や洗濯・清掃、"有料老人ホーム"と"グループホーム"で介護の助手や清掃、アクティビティースタッフもお願いしたいですね。
働く時間や内容は本人の希望に合わせて、週10〜20時間程度でしょうか。
もちろん働かなくてもいいのです。これによって、従業員を雇う費用や外部の業者に支払う委託料、それに野菜など食材の費用も、大幅に浮かせることができます。
浮いたお金はそれぞれの労働に応じて毎月の入居料金から差し引く。
つまり低料金で住むことができるのです。

 そして、住み続けているうちに介護が必要になったら、併設の老人ホームや"グループホーム"に入居する。
それまで付き合いのある人たちがお世話をしてくれるので、不安もストレスもありません。"シニアハウス"に住む友達たちも頻繁に訪ねて来てくれます。
介護の人材が足りなくなることは明らかですから、これぞ究極の高齢者施設ではないでしょうか。

 夢の実現には克服しなければならないことがたくさんありますが、絶対に実現させたいと思っています。

    ご入居案内

  • ご入居の条件
  • ご入居までの流れ
  • フロア案内
  • ご利用料金
  • 介護サービス等の一覧
  • 提携先医療期間